前へ
次へ

家計管理をどうするかを結婚前に決める

結婚をすると財産は夫婦のものになると考えがちですが、一応夫固有の財産と妻固有の財産が存在するのが一般的な考えになります。
一方が亡くなって相続をするときには相手の財産を受ける権利がありますが、婚姻関係がなくなったときに分割するときは両方の財産を合わせて2分の1ずつするわけではありません。
結婚をした後には結婚前からある財産、結婚後に加算される財産があります。
夫婦共働きならお金の出入りもいろいろあるため、どう管理するかを決めておくほうがいいでしょう。
それぞれの給料はそれぞれで管理をするのか、一緒に管理をして支払いなども一つの口座からしていくのかなどです。
家計管理の重要性としては将来のお金を用意するときに影響してきます。
家計管理をしないと将来のお金である住宅費、教育費、老後の生活費がうまく管理できなくなります。
互いの資産を当てにして自分の資産を使い込んでしまうなどがあるかもしれません。
曖昧にせずに管理方法を決めるようにしましょう。

Page Top